パソコンと家電の便利メモパソコンで困った時に役立つTips > パソコンの電源が入らないとき

パソコンの電源が入らないとき、まずは、パソコンが起動しない・立ち上がらない−まずここをチェック!で、パソコン以外の原因でパソコンの電源が入らないのではないか、確認しましょう。 操作や設置のケアレスミスや過電圧や高温での一時的サーキットブレイク、パソコンの電源電圧不足などをまずチェックしましょう。また、周辺機器の問題の可能性もありもあす。パソコンの起動に直接必要のない周辺機器は極力外しましょう。

そのうえでパソコンの電源が入らないときは次の可能性があります。

  1. 電源ユニットの故障
  2. バッテリー劣化・故障
  3. マザーボードの故障
  4. メモリの故障

パソコン以外の原因のチェックを済ませた後に、プリンタその他の外せる周辺機器をすべて外して、ノートパソコンの場合はバッテリーを外した状態で電源をOnしてみましょう。

それで起動するようなら、バッテリーの劣化、バッテリーの故障が考えられます。一旦バッテリーを充電しなおしてから再度起動してもだめなら、バッテリーを買い換えるか、常時電源ケーブルをつないだ状態で利用することで当面の問題を回避できます。

ビープ音の有無による判別

バッテリーを外していても、パソコンの電源が入らないときはビープ音がするかどうかを確認してください。ビープ音もしないときは、電源ユニットの故障かマザーボードの故障です。逆にビープ音がする場合は、メモリに問題があるのが普通です。メモリが(特に増設メモリ)がきちんと差し込まれているか、確認してみましょう。

ビープ音がせずにパソコンが起動しない=電源ユニットかマザーボードの故障
ビープ音がしてパソコンが起動しない=メモリの故障

No signalと表示される場合

黒い画面上にNo signalと表示される場合は、マザーボードが故障している可能性が高いです。No signalとはパソコンから電気信号が出ていないという意味です。

電源ユニットやマザーボードの故障が疑われる場合

電源ユニットやマザーボードに故障があるかも、と疑われる場合は、パソコンを自作できる人でもないと自分で修理することは困難です。パソコンの取扱説明書を引っ張り出してきて問合せしましょう。最近は自宅まで引き取りにきてくれて、特に混雑時でない限り、7日〜10日程度で修理して返してくれます。メーカー保証期間を過ぎていると結構値段がかかりますが、東芝サポートセンターのように修理経過をメールしてくれたり、安心して任せることができます。

複合要因の場合もあります。電源が入らない=マザーボードが壊れていた、ビープ音がしない・起動しない=メモリが壊れていた、これらが同時に起きてパソコンが起動しない事例などが報告されています。

自分で解決したい場合の方法

パソコンの電源自体が入らない状態では、だいたいハードウェアの故障や接続不良が多いのですが、ウィルス感染などによってCMOSが壊されてしまっている可能性もあります。可能であれば、別ページにメモしたCMOSの初期化に挑戦してみるのもひとつの方法です。ただ、帯電した手でさわったりしてかえってマザーボードを壊しかねませんから、よくよく注意して作業をしてください。

それでもダメな場合は値段が張ってしまいますが、電源ユニット交換、それでだめなら、マザーボード交換と進む流れになります。

Linuxをインストールして起動するかチェックするのも別法

電源ユニットやマザーボードを交換する前に、ほんとうに壊れているのかチェックしたい場合は、Windowsパソコンに他のOSソフトをインストールして起動するかチェックしてみるのも別法です。

KNOPIXなどが手ごろです。:http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/


パソコンが途中まで起動しているのにWindows起動まで届かない場合は、ハードウェアの故障とソフトウェアの故障の両方の可能性がでてきます。「Windowsが起動しないページ」で解説していますのでそちらをご覧ください。